首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーの動画とは?フェイクニュースもまとめてみた!

2019年10月31日午前2時半ごろより発生した火災により、沖縄のシンボルでもある首里城の正殿も含め7棟が全焼してしまいました。

悲しみに涙を流す人も多い中、「沖縄の首里城を燃やしたのは僕です」と題したユーチューブ動画をあげてアクセス数を荒稼ぎしようという不届き者や、「犯人は中学生」「犯人は外国人」などというフェイクニュース(虚偽・嘘の情報)が相次いでいるようです!!

あまりにも不謹慎すぎて、頭に血が登ってしまいましたので、「目には目を」「ペンは剣より強い」ということで今回は、

  • 首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーの動画とは?
  • 首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーに対する世間の反応
  • 首里城火災に関するフェイクニュースまとめ
  • 首里城火災のフェイクニュースに対する世間の反応

という内容で、キーボードを叩く強さがかなり強めですが、ご紹介したいと思います!



首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーの動画とは?

2019年10月31日未明に発生した首里城の大規模火災のニュースに便乗しやがった・・・

(あっ!いけない!冷静に・・・)

便乗したと思われる犯人を名乗る男のユーチューブ動画を紹介します。

*問題の動画は、同じく「アクセス稼ぎのためにデタラメ言ってんだろ!許せない!」とお怒りの一般の方のツイートなので、当人のユーチューブ動画の再生数に影響はありませんので、ご安心ください。

*当人のユーチューブ動画はすでに消されているので、直接見ることはできません。運営から警告されてその動画だけ消したか、もしくは、自分自身でまずいと思って消した可能性があります。

*ちなみに、ユーチューブではBAN(アカウント停止)になる原因の一つに「ポリシーに違反する行為(悪意のある表現、嫌がらせ、なりすましなど)」を挙げているので、なぜ未だに当人のチャンネルがBANされていないのか不思議です。

詳しくはこちら→ユーチューブヘルプ:チャンネルの停止について

 

怒りのあまり話が脱線しましたが、便乗したと思われる犯人と名乗る男のユーチューブ動画の引用は以下になります↓

2019年10月31日時点で、首里城の火災の原因は特定されていません。

しかし、現時点で正殿から出火した可能性が高いという情報が出ています。

情報元:JIJI.COM

そのため、この男が「不注意でタバコを吸ったんですけど、それが近くの森に燃え移って、さらにそれが首里城に燃え移って・・・」と言っている時点で完全にフェイクだということがわかります!!

何がしたいんでしょうか?

まぁ、自身のチャンネルのアクセスを集めたいのでしょうが、動画を挙げた時点で、ネット社会の現代では「不謹慎!許せない!」というまっとうな人々に拡散されてしまったため動画は下手したら半永久的に残るでしょう。

 

首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーに対する世間の反応

犯人を名乗る男のユーチューブ動画に対する怒りのツイートはこちらです↓

 

↓この方は、通報したそうです。

 

 

 

 

 

 

 

皆一様に「許せない!!」の声です。

当然でしょう。

 

 

首里城火災に関するフェイクニュースまとめ

首里城火災に関するその他のフェイクニュースもまとめてみました!

正直、フェイクニュースが多すぎて紹介しきれないので、一部をご紹介します。

 

 

 

 

 

首里城火災のフェイクニュースに対する世間の反応

そんなフェイクニュースに対する報道や、世間の反応はこちらです↓

 

 

 

 

 

 

 

 

 

フェイクニュースに対する世間の反応を見ていると、正直「日本もまだまだ捨てたもんじゃないな」と思います。

ネット社会が発展していく中で、その拡散能力に悪意をもって便乗する低能者がいる一方、しっかりそれをいさめる(禁止する・制止する)常識人の方もたくさんいます。

その事を改めて嬉しく思うと共に、「真心がなければ必ずいつか淘汰(不用・不適のものを排除すること。)される。」という概念がまだ日本に息づいていることに希望が持てます。

淘汰とは?不用・不適のものを排除すること。生存競争によって環境に適応しない個体が死滅し適応するものだけが残るということ。

 

最後に

今回は2019年10月31日に発生した首里城の大規模火災に関して、

  • 首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーの動画とは?
  • 首里城火災の放火犯と語る不謹慎ユーチューバーに対する世間の反応
  • 首里城火災に関するフェイクニュースまとめ
  • 首里城火災のフェイクニュースに対する世間の反応

という内容でご紹介しました。

こういった日本国民の心を傷つけてしまいかねないニュースに関して、心無い情報が錯綜(さくそう)してしまう現代ですが、大多数のまっとうな人々はそれを排除しようと発信してくれています。

悪意にはいつか必ず罰が下ります!

ネット社会においても相手を思いやれる人が最後には生き残ります!

 

まとまらない話に聞こえるかもしれませんが、理解していただける方には届くと信じています!

 

最後までお読みくださり、ありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました