ヒロアカの志賀丸太はなぜ炎上した?海外や編集部の反応もまとめてみた!

ピックアップ

2020年2月3日「僕のヒーローアカデミア」に登場する”志賀丸太”という役名が炎上しているようです。

その理由が気になったので、

  • ヒロアカの志賀丸太とはどんな役柄?
  • ヒロアカの志賀丸太はなぜ炎上したの?
  • 海外やみんなの反応は?
  • 編集部の反応は?

という内容でご紹介していきたいと思います。



ヒロアカの志賀丸太とはどんな役柄?

ヒロアカの志賀丸太とは、生体実験を行った適役のドクターです。

 



ヒロアカの志賀丸太はなぜ炎上したの?

ヒロアカの志賀丸太はなぜ炎上したのか、理由は以下のツイートが有力なのではないかと思います。↓

これによると、第二次世界大戦中に日本が秘密裏に行っていた人体実験の被験者を呼ぶ際に使った隠語「マルタ(丸太)」と呼んでいて、ヒロアカの人体実験を行う適役の名前に使用されたことが、海外を中心に非難の的になったと考えられます。

被験者は捕虜やスパイ容疑で捕らえられた中国人やアメリカ人、ロシア人等で女性や子供も含まれていたそうです。

その数は3000人に上ると言われているだけに、日本の過去の大きな過ちと言っても過言ではないでしょう。

貴重な犠牲の上に現代の医学の進歩が成り立っているのは事実です。その尊い命を丸太という言い方をしていたなんて、残念でなりませんね。

それを想起させるようなことをしてしまうのは、「そんなつもりはない。」といえど配慮に欠けると言われても仕方ないのかもしれません。

 

ちなみに、志賀丸太の「志賀」の由来に関しては、こんな考察をしているツイートを見かけました↓

 



海外やみんなの反応は?

みんなの反応を以下にまとめてみました。

 

 

 

 

 

 

 



編集部の反応は?

この炎上を受けて、週刊少年ジャンプ編集部は2020年2月3日に発売の週刊少年ジャンプ10号に掲載されたマンガ「僕のヒーローアカデミア」の登場人物「志賀丸太」について、作者の堀越耕平さんと相談の上、コミックス収録時に志賀丸太の名前を変更すると発表しました。↓

 

「命名にあたり、作者や編集部にはそのような意図はありません」としたが「無関係の史実と作品を重ね合わせられることは本意ではないため」と変更の理由を説明したそうです。

 



ヒロアカの志賀丸太まとめ

今回は、2020年2月3日に炎上した「僕のヒーローアカデミア」に登場する”志賀丸太”について、

  • ヒロアカの志賀丸太とはどんな役柄?
  • ヒロアカの志賀丸太はなぜ炎上したの?
  • 海外やみんなの反応は?
  • 編集部の反応は?

という内容でご紹介しました。

最後までお読みくださり、ありがとうございます。

 


コメント

タイトルとURLをコピーしました