俺のスカートどこ行った?古田新太のキャラ監修「ブルボンヌ」って誰?

こんにちは!リリスです。

日テレ系で2019年4月20日(土)よる10:00~スタートのドラマ「俺のスカートどこ行った?」

予告CMを何度か見ましたが、主人公の古田新太さんのド派手女装姿に目を惹かれた方も多いハズ。

女装家のゲイが高校の教師になったという設定自体、ドラマを見てみたいという好奇心に駆られますが、もう一つ気になったのが、古田新太さん演じる原田のぶおのキャラクター監修に名前があった「ブルボンヌ」というお方。

聞いたことあるけど、誰だったっけ?と思ったので、調べてみました。



「俺のスカートどこ行った?」とは?

 

新学期、豪林館学園高校に派手な洋服を身にまといバッチリメイクの1人のおっさんが2年3組の担任として赴任した。

彼の名は原田のぶお。「真の多様性を生徒や先生に学んでもらいたい」という意向で校長がゲイバーに勤めていた彼をスカウトしたのである。

そんな彼に戸惑いを見せる教師陣や、反発する生徒たち。そんなことはお構いなく、校内の歪みを自分のやり方で豪快に!バッサリ!正していく。乙女なおっさんが主人公の痛快学園ドラマである。

 

イントロダクションを見た感想は・・・

ゲイバーで働いていた人をいきなり高校教師にするて。しかも、いきなり担任て。「ドラマだから。」・・・いやそうだけども。そう言われたら何も言えないけども。めちゃくちゃじゃん!・・・でも、面白そう(笑)

そこで見たスタッフ一覧。原田のぶおのキャラクター監修「ブルボンヌ」。聞いたことあるけど誰だっけ?名前からして多分、オネエ界の大御所だろうと調べてみた。

ブルボンヌって誰?

 

ブルボンヌさんのプロフィール

本名:斎藤 靖紀(さいとう やすき)

職業:女装家・タレント・エッセイスト・編集者

生年月日:1971年

出身:岐阜県

血液型:A型

身長171cm

ブルボンヌさんは、早稲田大学中退という肩書を持つ秀才さんです。

在学中には、大学内のゲイサークルに入り、ゲイのためのコミュニティの場「UC-GALOP」というパソコン通信を立ち上げています。

※パソコン通信とは、インターネットが普及する前に主力とされていた通信方法で、インターネットがパソコン同士でのやりとりができるのに対し、パソコン通信ではホストコンピューターを介してのやり取りしかできない。

そんな昔から(失礼)ITに精通しているとは。頭の良さがうかがえますね。

そんな活動をしていたブルボンヌさんですが、自分たちを堂々と表現することには当初戸惑いがあったようです。その頃ニューヨークなどでドラッグクイーンがパレードを行うことが流行りだしていましたが、「ゲイだと言って表を歩くなんてとんでもない。」と思っていたそうです。しかし、その後表現することの素晴らしさに目覚めたブルボンヌさんは、翌年からドラッグクイーンのパレードに参加します。

その後大学を中退したブルボンヌさんは、男性同性愛者向けの総合情報誌「Badi」を立ち上げます。

「Badi」の内容はなかなかの刺激的ものなので、こちらには載せられません(笑)

現在では、ゲイ所属のイベント派遣・芸能事務所株式会社「Campy」や、新宿二丁目のミックスバー「Campy!Bar」を手がけたり、男性誌だけでなく、女性誌、映画雑誌に連載を持つ売れっ子ライターさんでもあります。

「ハートネットTV」などのオカタイNHKの番組に出演されていることなどからも、ブルボンヌさんの功績が認められていることがうかがえます。

やたら秀才ということばかりにフォーカスして、つまらないと思った方のためにブルボンヌさんの魅力全開の動画をご紹介します。

ブルボンヌさんの鉄板ネタ「ナウシカ」をどうぞ♪

ブルボンヌ/SURF

 

もう♪大好き♡

ブルボンヌのすっぴんは普通にイケメン?

ブルボンヌさんはご自分のすっぴんを自身のツイッターでごく普通に、ごく自然にさらされております。

この記事を書いた時点で一番新しい、ブルボンヌさんが斎藤靖紀さんの時の投稿です。

普通の優しそうな47歳のおじさんです。

イケメンと言うか、元イケメンて感じでしょうか。若い頃の画像を見たことがないですが、若い頃のほうがきっともっとカッコ良かったのではないでしょうか。

ちなみに、コメントの「キレイわ~」は令和に掛かっているようです。

まとめ

今回は新番組「俺のスカートどこ行った?」で古田新太演じる主人公、女装家の担任の先生「原田のぶお」のキャラクター監修をつとめる「ブルボンヌ」さんについて、その魅力を簡単にまとめてみました。

事業家のインテリな一面と、表現者としてのコミカルな一面。その他にも色々な面をもっているブルボンヌさんは老若男女問わず、魅力的に感じる人が多いと思います。

知的レベルが高い人は、面白いことを考えるのも実は得意なんじゃないかな。

ブルボンヌさんのショーの他のネタはYouTubeに出ているので、お暇な時にでも是非みていただいて、魅惑的でコミカルなオネエの世界にハマっていただきたいです。


コメント

タイトルとURLをコピーしました