宮里藍の夫の名前やプロフィール・経歴は?画像も調査!通訳もしている?

ゴルフ

2019年8月に全英女子オープンで初出場・初優勝を成し遂げた渋野日向子さんの通訳として、注目された宮里藍さんの夫について気になったので、

今回は、

  • 宮里藍の夫の名前やプロフィールは?
  • 宮里藍の夫の経歴は?
  • 宮里藍の夫の画像は?
  • 宮里藍の夫は通訳として活躍している?

という事を中心にご紹介していきます。

 

渋野日向子さんに関する記事はこちら↓

渋野日向子の今後の出場予定試合は?日程や場所をご紹介!2019年8月編

渋野日向子のウェアのブランドは?お値段やラインナップ・コーディネート一覧も!

渋野日向子の名前の読み方は?プロフィールや経歴も紹介!

渋野日向子さんのコーチ青木翔さんの記事はこちら↓

青木翔は結婚して子供もいる?ゴルフレッスンはどこで受けられる?



宮里藍の夫の名前やプロフィールは?

宮里藍の夫の名前やプロフィールを調べてみました!

名前:座親匠(ざおや たくみ)

年齢:宮里藍さんの4歳年上ということで、2019年時点で38歳ということになります。

座親匠さんは、宮里藍さんが米ツアーに本格挑戦した2006年の翌年からマネジャーとして彼女を支えてきました。

座親匠さんは、シアトルで育ったバイリンガルで、米ツアー当初は藍ちゃんに英語の指導もしていたそうです。

阿部寛似のイケメンで長身なだけでなく、米ツアーでは移動のチケットの手配から車の運転、練習にも付き添って24時間体制でサポートしていたということで、まめな男性であることが推測できます。「仕事だからできる。」という反論も出そうですが、本当にまめな男性でなければこういう仕事は務まりません。

当初、2人の関係を藍ちゃんの父・優さんがアメリカツアーでの成績不振の要因と懸念して、良い顔をしなかったそうです。

そもそも、スポーツ選手と担当マネジャーが恋愛関係になるのは御法度とされていたそうなので、なおのことです。

しかし座親匠さんは宮里藍さんのサポートだけでなく、彼女の両親のサポートにも尽力し、徐々にわだかまりが溶けていき、交際から約10年(長かったですね。)でゴールインできたのですね。

宮里藍の夫の経歴は?

座親匠さんは小学校からアメリカ暮らしをされていたそうで、アメリカの大学を卒業しています。

大学名は確認できませんでした。

学生時代は、サッカーに真剣に取り組まれていたようですが、大学を卒業後はアメリカでプレーする日本人選手のサポートをする会社員(現地のコーディネーター)となりました。

その後、コーディネーターとしてアメリカで宮里藍さんと仕事をしたことをきっかけに宮里藍さんに気にいられてマネージャーになったそうです。

宮里藍の夫の画像は?

宮里藍の夫・座親匠さんの画像を紹介します。

まずは、宮里藍さんとのツーショット画像↓

続いて、今回渋野日向子さんの通訳として優勝インタビューに同席している時の座間匠さん。↓

渋野日向子さんは身長が165cmなので、座間匠さんは推定で175cm以上の長身であると考えられます。

宮里藍の夫は通訳として活躍している?

座親さんは、宮里さんが米女子ツアーに本格参戦した2006年、宮里さんの通訳を務め、翌2007年からはマネジャーを兼務。座親さんは宮里さんを献身的に支えたが、宮里さんは夢を果たせず、2017年限りで引退しました。

翌2018年6月に夫婦となりましたが、座親さんは宮里さんのマネジャーを継続しながら、海外試合に挑戦するゴルファーをサポートをしています。

今回も、海外初試合でメジャー優勝を飾った渋野日向子さんを、座親匠さんが支えました。英語での優勝スピーチの前には、英文を紙に書いて手渡し、英国テレビ局のインタビューでは通訳を務めました。

8歳でゴルフを始めた渋野日向子さんも、宮里さんに憧れてきた世代の1人ですが、優勝会見で「通訳は、宮里藍さんの旦那さんですね」と振られると、「えっ? 知りませんでした。ほんとに?」と驚いていたそうです。

宮里藍の夫についてのまとめ

今回は、2019年8月に全英女子オープンで初出場・初優勝を成し遂げた渋野日向子さんの通訳として、注目された宮里藍の夫・座親匠さんについて、

  • 宮里藍の夫の名前やプロフィールは?
  • 宮里藍の夫の経歴は?
  • 宮里藍の夫の画像は?
  • 宮里藍の夫は通訳として活躍している?

という事を中心にご紹介しました。

現在、宮里藍さん・座親匠さんご夫妻はアメリカ・ロサンゼルスに在住で、現在は宮里藍さんが良き妻として夫・座親匠さんを支えている事と思います。

ママになりたいということも言っていた藍ちゃん。今後、ベビーご懐妊のおめでたい報告が聞ける事を楽しみにしています♪

最後までお読みくださり、ありがとうございます。


コメント

タイトルとURLをコピーしました